サイトメニュー

美容整形外科の治療方法

看護師

病院との違い

なかなか治りにくい皮膚疾患の1つがいぼですが、治療方法は多岐にわたります。いぼには他者に感染するものもあるので、早期に治療する事が推奨されています。様々ある治療方法の中で綺麗に取り除けるクリニックでは、炭酸ガスレーザーによる切除・除去方法が主流になっています。美容整形外科クリニックではいぼの除去と同じく見た目の改善も主目的です。治療後の跡が残らない様な治療方法が行われており、炭酸ガスレーザーは周囲の肌への影響も少ない治療方法です。いぼには老人性とウイルス性に大別されますが、その両方にも炭酸ガスレーザーは効果があります。レーザー治療と言えば高出力の熱線で焼切る事をイメージされますが、炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応する特徴があります。照射する事でいぼに含まれる水分に反応し、熱エネルギーが発生します。蒸散する際に組織が切除・除去されるメカニズムになっています。この治療を受ける際にはまずテスト照射が行われます。テスト照射で肌の反応を確認して体質を診ます。問題なければ後日塗布麻酔をして除去していきます。塗布麻酔をするので痛みはほとんどなく、レーザーなので出血も少なくて済みます。痛みの少なく綺麗に取り除ける炭酸ガスレーザーは、美容整形外科クリニックで受ける事ができます。美容整形外科クリニックでレーザー治療を受ける場合の費用は、自由診療なのでクリニック毎に価格を設定して良い事になっています。それでも全国平均や相場があり、そこから大きく外れる事はありません。しかし状態や数によって違いが出てくるので、施術を受ける際には医師に確認しておく必要があります。レーザーでいぼを切除する際の全国平均は1mmあたり2000円から5000円程になっています。1か所の価格であり大きさや数によって違います。数が多いと1か所2000円にその数を掛けた費用と言う単純な計算ではありません。クリニック毎に部位によって価格を設定している場合もあります。これはいぼの切除に掛かる総額ではなく、これに麻酔代や診察代、そして検査代も掛かってきます。費用は高くなりがちですが、自由診療である美容整形外科クリニックは、病院と違ってキャンペーンを実施する事もできます。エステの様に美容目的の機関なので、会員を作る事ができます。うまくキャンペーンを利用したり会員割引を活用したりする事で、費用を大幅に抑える事ができます。これらの情報はホームページに掲載されていますので、クリニック探しの際は確認しておくとお得と言えます。皮膚科などで保険適用の治療を受けるより、自由診療なので高い治療費になりますが、それに見合った治療を受けられる事が期待できます。