サイトメニュー

症状や原因を知る重要さ

顔に触れる女性

治療方法も変わってくる

いぼの代表的な原因は、ヒトパピローマウィルスと言われており、100種類以上存在しています。皮膚の傷口から感染して発症する場合や、そもそも身体に存在していたものが免疫力低下の際に現れたりします。ヒトパピローマウィルスは自然界にも人体にも存在しており、完全に予防する事は不可能と言われています。免疫力が鍵になるので、低下させない様に体調を整える事が重要です。いぼはウイルスで起こる以外にも様々な原因があります。出来る部位や原因によって名称や症状が異なっています。最も一般的なタイプである尋常性疣贅は、円形で突き出している状態が多いです。徐々に大きくなっていくので、放置せずに早めに医療機関で切除などの処置をしてもらう事が推奨されています。尋常性疣贅と同一とされる足底疣贅は、足の裏にできます。足底は体重を支えている場所なので、いぼは平らになる傾向にあります。魚の目やタコと一見すると似ていますが、削る処置などで出血するといった相違点があります。ウイルス性とは違う老人性もあり、老人性疣贅という皮膚の老化現象で発生するタイプもあります。最初は小さいのですが徐々に大きくなる性質があり、尋常性疣贅同様に早めに切除などの処置をしてもらう事が推奨されます。この様にできる原因や部位によって名称は異なります。いぼを治療する場合は、医療機関で行います。医療機関の種類には保険適用の治療をする皮膚科以外に、保険を使わないで綺麗に取り除ける美容整形外科があります。どちらも傷跡が残りやすかったり費用が高かったりと、それぞれ特徴があり、希望に応じて選択する事ができます。治療する為には受診する必要があり、双方共に医療機関なので受診方法は基本的に同じです。違いがあるとすれば美容整形外科ではカウンセリングが行われる事です。カウンセリングにより状態把握と自身の希望を医師に伝える事ができ、費用についても相談する事ができます。見た目を改善する美容治療であり、費用も自費なので必ず行われます。受診の際には直接行かず、まずは電話予約が必要になります。いぼの治療には切除や凍結術、レーザーなど様々な方法がありますが、自費でも保険適用でも施術後には肌にダメージが与えられるので予定をしっかり確認しておくことが必要です。イベントによっては施術跡から感染して化膿する場合もあるので、その事も医師に伝えるか治療日を調整する必要はあります。美容整形外科で行われるレーザー治療もダウンタイムは短いですが、1〜2日は感染予防が必要です。また施術内容が電気メスによる切除術の場合は、切除跡に気を払う必要があります。切除にしろレーザーにしろ、医師の判断を仰いだり予定をずらしたりする事も視野に入れて治療を受ける事が大切です。