サイトメニュー

レーザー治療でなくす

顔に触れる女性

色素沈着のリスクがない

従来、いぼの切除手術というと液体窒素療法が主流でした。これは、低温やけどを起こすことでその部位を取り除くという手法ですが、施術中に痛みを伴うことが多く、周囲の皮膚や細胞にもダメージを与えてしまうため施術後も色素沈着を起こしてしまい痕が残ってしまうケースが少なくありません。多くの人々は見た目を綺麗にしたいためにいぼの切除手術を受けているのに、色素沈着が起こっては意味がありません。そこで近年注目されるようになったのが、レーザー治療です。これはレーザーによっていぼの部位のみを切除する手法であり、液体窒素療法に比べれば大幅に痛さを感じることがありません。皮膚の深部にある場合は、痛みが伴いますがその場合は麻酔できちんとカバーすることができます。そして、周囲の皮膚や細胞にダメージを与えないため、色素沈着を起こしにくい施術となっており、施術後も綺麗な肌になれるわけです。さらに、液体窒素療法と同様に施術時間が短く、施術後にすぐに帰宅できるというのも大きなメリットだと言えます。実際に、美容整形外科ではインフォームドコンセントの後に、いぼの施術を希望する人の多くがこのレーザー治療を選択して、その効果に満足されている人が多いのです。いぼの治療というのは、家庭でも行うことができます。といっても、家庭で切開するのは、感染症を起こしてしまうケースがありますし、癌細胞である場合もあり下手に刺激してしまったら全身にがん転移してしまう危険性もあります。そのため、家庭で切除しようと試みることは控えることが大切です。ここでいう家庭でできる治療法とは、市販薬を用いた方法であり、いくつかのいぼ治療用の市販薬が販売されています。内服薬や軟膏タイプがあり、仕様用法をきちんと守って利用するならば副作用もほとんどありません。ただ、注意してほしいのが、いぼにはウイルス性のものと老人性のものの2つのパターンがあり、素人ではこの2つを判断しにくいものが多いことです。市販薬で効果があるのはウイルス性のいぼのみであり、老人性のものに効果があるというわけではありません。もしも、老人性のものなのに市販薬を利用していても時間とお金が浪費されてしまうだけです。的確に素早く治療したいと思うのならば、美容整形外科や皮膚科などで診断をしてもらうのが一番です。仮に、ウイルス性のものと診断されたら医薬品を処方されますし、老人性のものだと分かればレーザー治療や液体窒素療法などで切除してもらえます。

看護師

美容整形外科の治療方法

いぼは治療する事で傷跡が残りやすい皮膚疾患です。美容整形外科では見た目の改善を主目的にしており、綺麗に切除してくれます。費用は自由診療なので高くなりますが、割引特典が許されているので抑えられます。レーザーが主流の治療となります。

顔に触れる女性

アフターケアも行う

体の様々な箇所に出来るいぼは、放っておくと大きくなったり数が増えたりするものもあり早めの治療が大切です。大きくなってしまったものはメスで切除する必要がありますが、美容皮膚科では跡を残さない治療を行なっています。

顔に触れる女性

症状や原因を知る重要さ

いぼには様々な種類があり、出来る部位や原因によって名称が異なります。当然治療方法にも切除術が適していたりレーザーが適していたりするなど、状態によって最適の方法は異なります。自身の希望通りに治療が受けられる選択する際の前知識も必要です。

男性医師

メリットの大きい治療法

いぼの切除術は以前は液体窒素によるものが主流でしたが、今では炭酸ガスレーザーを使って行えます。この治療法は傷跡が小さく\痛みもほとんどないという特徴があります。しかし、体質などでこの治療が受けられない人もいるので、確認をしておきましょう。